前へ
次へ

不動産の売買における重要なこと

不動産売買をする時には個人間で取引をするにしても基本的に売主の方がその物件はどういうものであるのかということをかなりしっかりと説明しなければならないという義務があります。
そのためその義務が十全と果たされていなかったりする場合、後で取引の無効のトラブルになったりすることもありますので売る場合においても基本的には業者を通した方が良いです。
業者を通すことによって、安心して取引をするということができるようになります。
この場合において売主であろうとも基本的にその物件に対する説明をする責任というのは自分自身にはないということになりますので全く問題なく安全に売るということができるようになるわけです。
売買ではその後のトラブルというのもあるわけですからその手の対策をしておくというのは実に当たり前なことであると言えるでしょう。
不動産を買うときにもうそれは言えることでいくら知人でも個人間ではなく、業者を通してやることが多いのはそれが理由です。

Page Top